スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleページランクとは

ページランクとは、検索エンジン「Google」が採用している検索アルゴリズムの要素で、Web上でのWebページの重要度を判定する技術のことです。

良質なページから多くリンクされているページは、やはり良質なページである」という発想に基づき、他のWebサイトからのリンク数、リンク元であるサイトの質を評価基準として、ページの重要度を計算しています。

ページランクを上げる方法は、よりページランクの高いWebサイトから、より多くのリンクが貼られることが条件となります。なお。ページランクはページの内容に一切影響しません。

管理人自信、このページランクは検索エンジン対策に影響しないと考えています。事実、グーグルはページランクをどれほど重視としているか公表していません(詳しくは 「ページランクは検索順位に影響しない」を参照)。


ページランクを調べる方法

 ページランクを調べる方法は大きく分けて二つあります。一つは、Web上で各ページの重要度をチャックできる「ページランクチェックツール」というツールを使用する方法と、二つ目はGoogleが無償で提供している「Googleツールバー」を導入する方法の二つに分けられます。

 管理人の場合、グーグルが提供するGoogleツールバーを主に利用しています。理由としては、Webサイトを閲覧するたびに、そのページの重要度が一目で確認できるからです。私自信、使いやすくとても重宝しています。


※赤い線で囲まれた枠がGoogleツールバーです。

●Googleツールバーを導入する
http://toolbar.google.com/T4/intl/ja/index_pack.html

●ページランクチェッカーで調べる
http://pagerank.bookstudio.com/


Googleページランク評価の基準

ページランク 0 【評価なし】
 公開して間もないページ、検索エンジンに登録(インデックス)されていないページ、検索エンジンからスパムと判断されたページに当てはまります。ページランクが0だからと言って落ち込む必要はまったくありません。冒頭でも述べましたが、ページランクの数値はそのページの内容に一切影響しません。

ページランク 1~3 【標準評価のWebサイト】
 文字通り、標準評価のランクです。ある程度、被リンクを集めればすぐにこの数値まで上昇します。

ページランク 4~6 【人気評価のWebサイト】
 個人運営では最高ランクです。ただし、この程度の数値(ページランク)は不正な方法で簡単に上昇することができるので、必ずしも「ページランクが高い=人気サイト」とは限りません。

ページランク 7~10 【公的機関やポータルサイト】
 日本で唯一ページランク10だったのが「慶應義塾大学」です。現在では、Yahoo!のページランク9が国内最高ランクです。



アクセスアップ対策(基礎~応用編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。