スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々何気なく行っているSEOがスパム扱いに!

このページでは、SEOスパムについてお話していこうかと思います。

実はSEO(検索エンジン最適化)にもスパムというものが存在するのです。

一体誰に対してスパム行為を行っているのかと申しますと、
検索エンジンロボットに対してです。
自分ではスパムを行なっていないつもりでも、
検索エンジンからはスパム行為として
認識されている可能性があるかもしれません。

では、具体的に有名なSEOスパムの例をご紹介いたします。

①背景色と同色の文字で大量のキーワードを埋め込む方法。
②目に見えない程のフォントサイズでキーワードを記述する方法。
③CSS(スタイルシート)を使いキーワードを見えなくして記述する方法。
④無意味な大量のページを無造作に作り、TOPページへリンクさせる方法。
⑤各種スクリプトなどによるリダイレクトする行為。
⑥クローキングを生成する行為。


等のスパム行為が存在します。(これはほんの一部に過ぎません)

検索エンジンは日々進化をしています。
これだけのスパム行為が表立っているのに、
何の手立ても打たないわけがないのです。
当然、現在ではこれらの行為は、全く意味を持ちませんし、
これらの行為を行なったサイトは、厳しいペナルティーが科せられる事があります。
相当悪質な場合は、検索エンジンから永久に除外されるケースもあると言われています。
スパムに認定された場合、検索エンジンの検索結果の上位には表示されなくなります。
これは確かな事なのです。
スパム認定を受けた事に心当たりのある方は、
最近ご自身が行なった、SEO対策をもう一度振り返ってみましょう。
思い当たる部分は修正していくのです。
そしてGoogle等の検索エンジンに、再度URLを登録をしましょう。
この作業で数週間、もしくは数ヶ月で検索結果に反映されると思います。

…こういった様に日々、何気なく行っているSEOが
スパムと判断される事があるのです。
そうならない為にも、適切なSEOを行なっていく必要があるのです。


アクセスアップ対策(基礎~応用編)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。