スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告の貼りすぎは逆効果

アフィリエイトで稼ごうと考えている初心者の方にありがちな問題です。アフィリエイトサイトを運営しているのに何がいけないの?それはこの記事を読んでいただければお分かりになります。


広告を貼りすぎているサイトは敬遠される
予め言っておきますが、広告の貼りすぎは訪問者から非常に嫌われてしまいます。「えっ?アフィリエイトサイトを運営しているのに何故そうなるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが理由は簡単です。

儲けようという意欲を出しすぎて、バナー広告にかかわらず、テキスト広告、その他広告など、関係なしにサイト中広告だらけのサイトに対して、あなたならどのような印象を持つでしょうか?少なくとも、そのサイトに対して良い印象は持たないはずです。

当然ですが、バナー広告を多量に掲載している場合、ページの表示速度にも大きく影響してきます。ページが重くなると表示速度も大幅に遅くなり、訪問者にストレスを与えてしまいかねません。

訪問者が全員ADSLや光回線などの高速インターネットを利用しているわけではありません。ダイアルアップ接続でインターネットをする人もまだ多くいらっしゃいます。

ユーザーのことを考えて作成されているページであるかどうかは、買いパラというページ速度チャックツールを使用することにより明らかになります。

このツールは、ページの表示速度をランク形式で教えてくれる優れものです。最低でも標準ランクのBにはしておきたいところです。それ以下だと、訪問者から重いと思われていると考えてよいでしょう。


アフィリエイトで成果をあげるには…
儲けよう!という意欲は大切ですが、ユーザビリティを低下させてまで広告を貼りすぎるのは問題です。訪問者から嫌われてしまってはアフィリエイトで稼ぐことは困難ですので、くれぐれも広告の扱いには注意してくださいね。

自分の利益しか考えないようなサイトはアフィリエイトで成功することは不可能です。「自分ならこのサイトをどう見るか?」と、ご自分のサイトを客観的に見ていき、修正すべき点は修正する。これがアフィリエイトで成功するための第一歩となるでしょう。


関連記事関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。