スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo対策とGoogle対策の違い

検索順位について調査していると、GoogleとYahoo!の上位表示されたページが全く異なることが分かると思います。Googleで上位表示されているページがYahoo!では圏外なんてことも普通に見かける光景です。

GoogleとYahoo!、それぞれ検索エンジンの仕組みに大差はありません。検索ユーザーを満足させるという目的も同じです。

Googleの場合、100%プログラムによる「アルゴリズム」による処理がなされるのに対し、Yahoo!では「ディレクトリ」という資産があるため、ロボット型検索に上手く人の判断を加味した情報を利用しています。ここではこの二つの検索エンジンの特徴と、それぞれのSEO対策の方法を詳しく講座したいと思います。


Google SEO対策方法

Googleでは何といっても被リンクが重要で、さらにウェブサイト内部のページ同士のリンクも上位表示の大切な要素となっています。

被リンクを効率的に集める方法としてブログを活用する方法があります。理由は記事を量産する度にページ数が増え、同時に被リンクも自動的に増えるからです。

Googleならサイト内部リンクもある程度評価してくれますが、大体100ページ以上ないとこの内部リンクの効果は得られないとされています。プログラムで自動的にページを量産する不正な方法もありますが、結局出来上がるのはコピーページですので逆に検索順位を落とす要因になってしまいます。


SEO効果が得られない相互リンク方法

被リンクを集める手法として一番に思いつくのが相互リンクでしょう。しかし誤った相互リンクを行うと検索順位を落とす可能性もあるので注意しましょう。
下記は誤った相互リンク方法です。

ページランクが付いていない
ジャンルが違う
発リンク数が多すぎる(多くても50以内が好ましい)

SEO効果を向上させるために自ら複数のサイトを運営しリンクしてしまうSEOを行っている事例が多いですが、検索順位が上昇するのはGoogleだけです。Yahooではスパムとみなされる場合がありますので注意してください。
 

YST SEO対策方法

Yahoo!JAPANはカテゴリ型とロボット型の二つのシステムを採用しています。YST(Yahoo! Search Technology)の特徴は、Googleと比較してページ内の情報を重視して検索順位を決定しています。

要するにYSTは外部要素よりも内部要素を重要と考えているのです。そのため、Googleと同じSEO対策では上位表示へ繋がりません。重要なのはページ内のキーワードをいかに上手く扱うかです。

キーワードが検索語句とピッタリ一致していないページは検索順位を落としてしまうので、いい加減な対策では済まされません。アンカーテキストと自サイトのトップページの最も重要なキーワードが一致していることが上位表示への条件となっています。

逆にアンカーテキストとページのキーワードと単語の並びが違う場合は、簡単に検索順位が下落したり、圏外になってしまいます。


YSTでの効果的なSEO対策

・ テキストマッチ
・ リンクポピュラリティー
・ 文法(アクセシビリティー)
・ ドメインエイジ
・ コンテンツボリューム
・ 更新頻度


アクセスアップ対策(基礎~応用編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。