スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページランクは検索順位に影響しない

「ページランクは高ければ高いほど検索エンジン対策に有効である」と思われる人もいるでしょう。しかし、最近ではページランクの数字が実際にどれほど検索順位に影響するのか、ということに疑問が持たれはじめています。

そもそもページランクというものは、リンク情報を元にした「人気度」を測定するもので、外部からのリンクを増やすことにより、自サイトのページランクを上昇させることができます。ランクは、0~10で表され、10がもっとも高く評価されます。

以前のSEO対策においては、このページランクの概念は非常に重要な意味を持ってましたが、時代がさかのぼるにつれて、ページランクの効果はしだいに薄れてきています。では、何故ページランクは意味を持たないと言えるのでしょうか?その理由を詳しく解説していきます。


ページランクはサイトのお飾りに過ぎない?

 Google社員のBerghausen氏がページランクについて非常に興味深い発言をされました。

The other thing is that the PageRank shown in the Google Toolbar is only updated periodically, usually every few months, and is only an abstraction from the constantly updated number our algorithms use. In the time between updates, any number of things can happen to the other sites that link to you, and the sites that link to them (and so on) so it can be hard to predict how the little green bar is going to move.

<訳>
Googleツールバーに表示されるページランクは、定期的、普通は数週間ごとに更新される。そしてGoogleのアルゴリズムが使っている、絶えず更新される数値の抽出物にすぎない。更新と更新の間に、あなたのサイトにリンクしているサイトや、そのサイトにリンクしているサイトに(さらにそのサイトにリンクしているサイトに、などなど)、いろいろなことが起こり得るから、小さなグリーンバーがどう動くか予測するのは難しい。

Google Groups より引用 >



 上記の引用文をご覧いただけるとお分かりになると思われますが、「ページランクの数値は、あくまで検索エンジン対策の項目の一つ。ただし、その数値が重要であるかは別問題である。」ということを発言されています。

 自サイトのページランクを上昇させることだけを考えて、外部リンクを増やすのは間違いだということを認識してください。いくらページランクが高いサイトからリンクされようとも、関連性の無いサイト同士のリンクはSEOの評価を下げる要因になってしまいます。逆に、リンク元が関連性のあるページであれば、SEOの評価を上昇させることが可能です。

 ある人はページランクについて問い合わせた結果、グーグルから直接「ツールバーで表示されるページランクは楽しむためだけにお使いください」という回答を受けたという人もいるそうですから驚きです。

 ページランクが高いサイトでも、「検索順位はたいしたことがない」というサイトや、不正な方法で被リンクを集め、ページランクを上げているサイトが多いのにグーグルが厳しく取り締まらないというのも事実です。

 それらの問題を考慮すれば、インチキして自由に数値を上昇できるページランクは信用性が薄いといえます。また、SEO対策を専門とする人たちからも、「ページランクはSEOとの関連性は薄い」というお話をいただく事がほとんどです。

 ですから、必ずしも「ページランクが高い=人気サイト、SEOに有利なサイト」とは限りません。そういう考えも捨てた方が良いでしょう。



アクセスアップ対策(基礎~応用編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。