スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページ内要因とページ外要因

検索エンジン対策にも大きく分けて二つの種類があります。それが「ページ内要因」と「ページ外要因」です。

簡単にそれぞれの対策法を説明すると、サイト内部の情報を最適化する作業がページ内要因のSEO対策、外部からの情報を最適化する作業がページ外要因のSEO対策です。この記事では”ページ内要因”と”ページ外要因”について解説していきます。


ページ内要因

ページ内部要因の評価基準の中で、最も重要視されているのが「テキストマッチ」です。テキストマッチとは、ユーザーが検索エンジンで、検索したキーワードがWebサイト内のテキストと一致している状態のことを言います。

このテキストマッチは、キーワードの出現率やキーワードの位置、キーワード配置場所などの要素で判断していきます。これらの要素を最適化することで上位表示したいキーワードが評価されます。したがって、ページ内要因はキーワードとページが、いかにマッチしているかが重要であるということです


ページ外要因

 ページ外要因は大きく分けて二つの評価方法があります。一つは「リンクレピュテーション」、もう一つは「リンクポピュラリティー」。それぞれ評価方法は全く異なります。
リンクレピュテーションとは
リンクレピュテーションとは、リンク先のページの内容を判断するために、リンク元サイトのアンカーテキストの情報を元に判断するというアルゴリズムのことです。

【アンカーテキスト】
<a href="http://sideincome210.blog103.fc2.com/">ネット楽々副収入マニュアル♪</a>


このアンカーテキストにどのようなキーワードが入れられているかによって、そのサイトテーマの重要度が決定されます。また、サイトテーマ以外にもタイトルテキスト等も判断しているので、適切なアンカーテキストを記述する事が重要であるとされています。

たとえば、リンク先ページのアンカーテキストに「副収入」という文字が記入されていれば、リンク先ページと「副収入」のキーワードの関連性が高まります。当サイトの場合、タイトルは「ネット楽々副収入マニュアル♪」ですが、SEOを考慮してリンクを設置してもらう際は「内職お小遣い副収入.com」にしています。

ですから、当サイトへのリンクに「内職お小遣い副収入.com」というアンカーテキストが貼られると、「内職」「お小遣い」「副収入」に関連するキーワードの重要度が高まります。
リンクポピュラリティーとは
リンクポピュラリティーとは、外部ドメインより自サイトへ貼られているリンクの数と質によって、ロボット検索エンジンが自サイトを評価をする方法です。

これはリンクを貼られている数が多ければ多いほど、人気のあるサイトであり、良質のサイトであるという判断基準のひとつになります。代表的なのがGoogleが採用している「ページランク」です。


アクセスアップ対策(基礎~応用編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。