スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料でできるセキュリティ対策

皆さんはきちんとセキュリティ対策ができていますか?
インターネットユーザーを脅かすウイルス・スパイウェアは日々信じられないほどの勢いで誕生していると言われており、セキュリティ対策を怠ると、コンピューターが感染してしまう場合があります。

そのため、インターネットを安全・安心に利用するためには、セキュリティ対策が欠かせません。ウイルス・スパイウェアなどの悪質なプログラムがパソコンに侵入すると、個人情報の流出や、パソコンに不具合が発生してしまうなど、その症状も様々なものがあります。

ウイルスは知らぬ間に自分のパソコンやファイルに感染し、感染した途端悪影響を及ぼすものや、潜伏期間を置いてから発動するものもあります。

その症状も様々で、ジョークメッセージが流れるだけのものから、OSやハードディスクを破壊してしまうもの、PCの情報が外部に流出してしまうものもあります。そしてそれらのウイルスは今やインターネットという媒体を通して日々爆発的に増えていっています。

また、感染したパソコンからメールを送ると、送った先のパソコンにまで被害が拡大してしまう可能性もあります。そうなると、自分だけでなく他人にまで被害が及ぶことになり、自分までもが加害者になりうるのです。ですから、ネットマナーとして最低限のセキュリティ対策は講じておきましょう。

本来ならば、有料の総合セキュリティ対策ソフトを購入するのが一番確実な方法ですが、お金をかけることに抵抗があるという方も多いと思います。

しかし最近では、無料で使えるセキュリティ対策ソフトが増えてきました。下記の記事では無料で出来るセキュリティ対策・ソフトウェアを紹介しています。ぜひあなたのPCにも無料セキュリティ対策ソフトなどを導入して、パソコンのセキュリティレベルを高めてください。

ウイルス対策ソフト(アンチウイルス)

ウイルス対策ソフトウェアとは、コンピュータウイルスを除去するソフトウェアのことで、「ワクチンソフト」「アンチウイルスソフト」などとも呼ばれます。コンピュータウイルスの監視と駆除を行ってくれます。

現在は、無料のウイルス対策ソフトにも高機能なソフトが多数あり、常駐してメールの送受信を監視したり、自動で最新のウイルス情報をアップデートしたりして常にウイルスに目を光らせています。無料でのウイルスチェックには、ウイルス対策ソフトをパソコンにインストールすることなく、Web上でウイルススキャンを行えるオンラインウイルススキャンというサービスもあります。

スパイウェア対策ソフト(アンチスパイウェア)

スパイウェアとは、パソコンを使用している人の個人情報(IDやパスワードなど)や行動(キー入力や操作、訪問したサイトの情報など)などを収集していまうソフトウェアのことで、「アドウェア(addware)」とも呼ばれます。

収集された情報は、スパイウェアの作成元に自動的に送られ、マーケティングの資料などとして活用されています。中には情報収集だけでなく、ネット銀行やオンラインゲームのパスワードを盗む悪質なものもあります。

こういったスパイウェアの脅威からコンピュータを守るために、スパイウェア対策ソフトの導入を検討してください。スパイウェア対策ソフトとは、スパイウェア及びアドウェア、トロイの木馬を検出・除去するためのソフトウェアのことで、「アンチスパイウェア」などとも呼ばれます。駆除機能以外に感染を防止する機能を持つものもあります。

ファイアウォール

ファイアーウォール(防火壁)とは、ある特定のコンピュータネットワークとその外部との通信を制御し、内部のコンピュータネットワークの安全を維持することを目的としたソフトウェア、あるいはそのソフトウェアを搭載したハードウェアのことを指します。

企業などのネットワークでは、インターネットなどの外部ネットワークを通じて第三者が侵入し、データやプログラムの盗み見・改ざん・破壊などが行なわれることのないように、外部との境界を流れるデータを監視し、不正なアクセスを検出・遮断する必要があります。

このような機能を実現するシステムがファイアウォールです。多くの場合はソフトウェアの形で提供され、コンピュータに組みこんで使用していますが、高い性能が要求されるため、専用のハードウェアが用いられる場合もあります。
この記事に関連する記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。