スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナー広告とテキスト広告

アフィリエイトサイトでよく使用されるのが、バナー広告テキスト広告です。
広告の種類は色々ありますが、基本的にこの2種類の広告を貼ります。(広告の種類に関しては、『アフィリエイトの広告の種類』を参考にして下さい。)


バナー広告とテキスト広告のクリック率について
バナー広告』と『テキスト広告』の貼り方一つでも広告のクリック率は大きく変化します。また、これらの広告には特徴があります。

まず、バナー広告の特徴は、いかにも広告という感じに見えますが、デザインの良いものが多くて目立ちます。対照的に、テキスト広告は普通のリンクと同じですので、広告とは判断しにくいです。

上記のような特徴をもつ2つの広告ですが、クリック率が高いのはテキスト広告です。

『何故なんだろう?』と思われる方もいらっしゃるので説明しますと、バナー広告は上でも述べたように、訪問者がいかにも広告と思わせるようなデザインなのでクリックされないことが多いのです。

訪問者は広告を嫌います。よく、トップページにバーン!と、たくさんのバナー広告を掲載しているサイトを見かけますが、正直言うと無意味ですし逆効果です。

広告を掲載するにあたって重要なのは、広告をいかにも広告と思わせないことです。そのためには、テキスト広告が非常に効果的ですので、自然にクリックしてもらうように工夫しましょう。

翔の場合、バナー広告はお小遣いサイトやASPの紹介ページにしか掲載していません。
ページの容量も大切ですが、バナー広告を多く使用すると、訪問者から嫌われます。

悪い例で、アフィリエイト初心者の方にありがちなのは、儲けよう!とバナー広告を貼りすぎることです。儲けるぞ!という意欲は大切ですが、ユーザビリティを低下させてまでバナー広告を多く掲載する理由はないということはきちんと理解しておきましょう。

以上の事から結論を言うと、サイトのトップページにはバナー広告を掲載しない方が良いということが一つと、各記事の中で自然な形でテキスト広告を掲載する方がクリック率が上昇し、収入アップにも結びつくということです。


関連記事関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。