スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフィリエイト広告をメインコンテンツに

アフィリエイトで大きく稼ぐには、やはり広告をメインコンテンツにする方法が1番だと思います。しかし、「広告の貼りすぎは逆効果」の記事でも説明しましたが、広告の貼りすぎは逆効果です。
ここでは、稼げるアフィリエイト広告の貼り方について解説していきます。


効果的な広告の掲載方法
最初に述べましたが、大きく稼ぐのであればアフィリエイト広告をメインコンテンツとし、掲載する方法が一番効率が良いと考えます。

趣味で運営しているホームページやブログに、内容と関連性が薄い広告を掲載しても、訪問者からすれば邪魔でしかないので、思うような収益が出せないでしょう。

しかし、アフィリエイト広告そのものがサイトの内容とマッチしていれば、訪問者はその情報を求めてやってくるわけですから、広告は邪魔にはなりません。むしろ、この掲載方法なら訪問者のためにもなるでしょう。

また、訪問者にダイレクトに広告主が提供するサービスへ誘導できるので、もっとも効率よく成果をあげられます。しかし、ただ広告を掲載するというものではなく、掲載する広告がどのような内容なのか訪問者が分かるように説明を付記してください。

GetMoney!GetMoney!
Get Money!は無料会員登録することで、毎日1名の会員に現金1000円が当たる懸賞に参加することができます。さらに、「最強のポイントサイト!」だけあって、ポイントを獲得できる手段が多いのが特徴です。
キャッシュバック総額が6億円の実績もありますので、信用性は非常に高いでしょう。

上は広告掲載の例です。このような掲載方法で問題はないでしょう。重要なのは、各広告に関する情報を分かりやすく訪問者に伝える事ができるかどうかです。ただし、やり方を間違えると成果が上げられないどころか、訪問者から敬遠されるサイトになってしまうので注意してください。

広告を貼っただけのサイトをよく見かけますが、これではいけません。広告を掲載する場合は、情報の付与はもちろん、デザインにも気を配ってください。

効果的な広告掲載方法について述べましたが、掲載する広告がサイトの内容とマッチしていなければ、訪問者にとって広告は邪魔になりますし、ページの表示速度にも関わってきます。

ですから、そのような広告(情報)を必要としていない訪問者に見せるよりも、広告(情報)を必要とする人に見せる方が最も効率よく稼げます。


嘘は付かず、正確な情報を提供する
アフィリエイトで稼ごうと思い、自分が良いとも思わない広告を掲載しても収入には繋がりません。仮に成果があったとしても継続的な収入は得られなくなるでしょう。

重要なのは、嘘はつかず正直にサイトの情報を訪問者へ提供することです。訪問者なしにはアフィリエイトは成り立たないということを忘れないでくださいね。


関連記事関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。